気になる顔のシミ

気になる顔のシミ

鏡の前に立つたびに、気になる顔のシミ。できるだけ目立たないようにしたいですよね。実は、それほどお金をかけずに薄くする方法があるんです。

 

シミ対策といえば、紫外線対策が有名ですよね。UVカット力の強い日焼け止めを塗ったり、メラニン(シミのもとになる、日焼けによって作られる色素)が作られないように美白効果のありそうな化粧品を試したり…。もちろん、こういった方法にも効果はあります。でも、なかなか消えない…そんな体験はありませんか?

 

顔は汗をかきやすい部位なので、日焼け止めは何度も塗り直すようにしましょう。メイクの上からでも日焼け止めの塗り直しはできます。ティッシュで軽く肌を押さえるようにしてアブラをとってから、日焼け止めを優しく塗り、軽くファンデーションをのせればできあがりです。日焼け止め成分の入った化粧下地やBBクリームを使うのも効果的です。

 

そして、1番大切なのは、なんと「洗顔」です。日焼け止めをたくさん塗った肌には、想像以上に負担がかかっています。1日の活動を終えたら、正しい洗顔をしてお肌を休ませてあげましょう。

 

泡立てネットを使って「洗顔料をモコモコに泡立てる」!これが大切です。決して強くこすったりせず、優しく肌に馴染ませます。すすぎはたくさんの水を使って十分に行ってください。これだけで、ずいぶん変わりますよ!

 

 

シミを薄くするハイドロキノンとアルブチン

シミを薄くする成分として医薬品にも配合されているのがハイドロキノンです。ハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素を生成するメラノサイトを抑制する効果があります。ま

 

たチロシンという物質も抑制するので、既にあるメラニン色素を減らすことができます。シミを改善し予防までするのがメリットです。4%〜5%もハイドロキノンを配合すると効果は高いですが副作用も出やすくなります。

 

安全に使用するために日本では2%までの配合と決まっています。濃度2%は医療機関で処方されるので、美容皮膚科などで医師の診断を受けなければなりません。濃度が低いものは化粧品に入っていることもあり、即効性はありませんが半年くらい続ければシミが薄くなることが多いです。

 

ハイドロキノンは肌への負担が心配な人はあまりおすすめできません。肌が弱くでもシミ対策をしたい人はアルブチンに注目すると良いです。アルブチンもハイドロキノンと同じように厚生労働省が美白成分として認めています。

 

予防目的で使われることが多いですが、低刺激で日頃のスキンケアに取り入れやすいです。メラニン色素の生成を抑えるビタミンC誘導体と一緒に使うことでより高い効果が出るといわれています。

関連ページ

ビーグレンはシミに効果あるの?
大人ニキビ専用のちょっと高価なニキビケア商品「ビーグレン」はシミに効果があるのでしょうか?
【シミが消えたはウソ?】ビーグレンはシミを薄くする成分配合です
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
産後のシミが濃くなったので急いでビーグレンを使いました
産後のシミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
ビーグレンでも短期間の使用ではシミは消えない
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
どんどん濃くなるシミがビーグレンで改善しました
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
口コミで効果大と評判のビーグレンでしみが消えました
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
シミに効果アリ!ビーグレンで明るい肌に
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
トライアルセットでシミが消えた方が続出?
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
シミを薄くする効果のある食品
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
シミが気になる男性にも使える化粧品
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
シミの悩み解消にはビーグレン!
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
シミをファンデーションで隠すのは古い
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
シミの原因の活性酸素を生まないスキンケア
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
抗えない感情の乱れには精油のスキンケアを
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか
コエンザイムQ10サプリメントがおすすめ
シミ対策について「ビーグレン」は効果があるのかどうか